腱鞘炎の治し方と予防対策のポイント

MENU

スマホ使いすぎで腱鞘炎になる?

スマホ使いすぎで腱鞘炎になる?

近年では、多くの人がスマホを使っています。
あなたの周りにスマホをいじる人をよく見かけたりすることでしょう。
これからの時代はスマホのニーズがますます高くなっていくと思われます。

 

スポンサーリンク

 

携帯を仕事に使っているという人もいると思いますが、以前の携帯電話に比べるとスマホの方が仕事に使える効率がよく、機能なども多いので長時間スマホを操作するという人もいると思います。

 

長時間のスマホ使用が原因で、いとも簡単に腱鞘炎になってしまうこともあります。

 

スマホを持った状態で文字の入力をしたり、インターネット閲覧する際の指の動きというのは、指だけではなくて手首にも負担をかけてしまいます。
また、スマホを操作する時には必ず肘が曲がった状態になっていると思いますが、肘を固定しているわけではありませんので、肘や肩にも当然負担がかかっています。

 

長時間負担がかかってしまえば、腱鞘炎になる可能性が高くなってしまいますから、スマホを長時間操作する人の場合には気をつけなければなりません。

 

しかし、スマホを操作する際に手首などにサポーターをつけるというのも恥ずかしいのでできないと言う人もいると思います。
最近では、スマホが音声によって反応してくれるような機能もありますので、できるだけ便利な機能を使いながら細かく指を動かすようなことがないようにした方が良いと思います。

 

特に今まで仕事でスマホでの入力業務などを行っていたという人の場合には、スマホで腱鞘炎になってしまうと、仕事する効率が悪くなってしまいます。

 

スマホの使い方にもしっかりと注意しなければ、腱鞘炎になってしまう危険性があるということをしないでください。

 

スポンサーリンク