マウス症候群って腱鞘炎?症状と改善

MENU

マウス症候群の症状と改善

マウス症候群って腱鞘炎?

近年では仕事がパソコンを使ったりする仕事が増えているので、長時間パソコンで作業するという人がいると思います。
事務系の仕事に関わっている人に多いパソコン腱鞘炎

 

仕事にパソコンは必須なものとなっているので、手首や指に違和感を感じながらも仕事は止められません…。
こんな悩みを抱えているパコソンユーザーが増えてきています。

 

今やもはや新現代病とも言われている「パソコン腱鞘炎」、「マウス症候群」ですが、同じく「スマホ腱鞘炎」に悩むスマホユーザーも増加傾向にあるようです。

 

ここでは、マウス症候群の症状や改善について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

マウス症候群の症状は?

マウス症候群というのは数年前まで聞き慣れないことでしたが、最近ではパソコン普及に伴い、マウス症候群に悩む人が増えてきました。
仕事柄、パソコンを駆使しているとしたら、あなたもマウス症候群かもしれません。

 

この症状が現れるのは、初めの時は肩こりや首の痛みなどから生じてきます。
その後、手首や指などに痛みやしびれが出てきます。

 

マウス症候群は名前の通り、マウスを頻繁に動かすことが原因で症状が出現します。

 

パソコン上のポインタの動きが早くなるように設定をしていませんか?
仕事の効率化を図るために設定したと思いますが、あまりにもポインタの動きが速くなりすぎて、その分マウスを細かく動かさなければなりません。

 

この時の腕の動きがマウス症候群に繋がってしまうのです!

 

マウス症候群というのは腱鞘炎と同じような感覚で捉えられていて、腱鞘炎というなら確かに似ていますが、違うものになります。
しかしマウス症候群はマウス腱鞘炎という別名があることから、やはり長い時間使用することにより腱鞘炎のような症状になってしまうことがわかります。

 

マウス症候群も腱鞘炎と同じように指や手首を酷使している時間が長くなってしまうと、その分症状が出現しやすくなります。
人によってはパソコンを触れるだけでも苦痛になり、仕事にも影響が出てしまうことがあるでしょう…。

 

マウス使用中に、手首や腕、それから首、肩に違和感が出てきたら、マウス症候群の可能性も高いので、できるだけパソコンを使用する際には、適宜休憩を入れるように心がけてください。

 

あなたみも当てはまるようなことがあったら、痛くなる前にしっかりと予防を行ってくださいね。

 

マウス腱鞘炎の改善対策とは?

もしマウス症候群になってしまった場合には、早急に改善対策を講じるようにしましょう!

 

まずパソコンを使う際には、必ずある程度の時間で休憩を入れてください。
仕事が忙しかったりすると、どうしても休憩時間を取らず長時間パソコンを触ってしまいますが、これがマウス症候群につながってしまいます。

 

それからマウスをセッティングする場所についてですが、なるべく腕や手首に負担がかからないようにします。

 

肘の部分が空いていると、マウス症候群になってしまう可能性が高いので、しっかりと肘を固定できるような椅子に座ったり、デスクに手首を固定しておけるようなクッションを置いておくと良いと思います。

 

何もしないでマウスを操作するよりも、こういった工夫をしてあげた方がマウス症候群にならずに済むと思います。

 

 

マウス症候群の改善のまとめ

マウス症候群にならないためには、適度な休憩を取り入れ、その際に腕や手首、肩のストレッチを行うこと、そして肘のマッサージをしてあげるように意識して行いましょう。

 

肘部分が空かないように肘を固定してくれる椅子やデスクを用意すること。

 

どれも簡単にできる方法ですが、マウス症候群の改善対策として良い方法と言えます。

 

一度マウス症候群になってしまうと仕事のスピードにも支障が出てしまうので、マメな予防や改善対策を!

スポンサーリンク