ブロック注射で腱鞘炎の症状が改善できる?

MENU

ブロック注射で腱鞘炎の症状が改善?

腱鞘炎の症状を改善するのに、科学的なブロック療法、交感神経に対する効果的な治療法、神経電気刺激法などがあります。
特に、これらは痛みを和らげて可動性を高めるための物理治療が行われます。

 

有効かどうかは、改善された証拠が必要になっていきますが、全くといっていいほど効かない治療法になる人と、一瞬で治る人と、明らかに効果の出方の違いが変わってきます。

 

実際に、治療法を使用してみないと、効果の良し悪しが測りにくいようです。

 

したがって、ブロック注射による方法を取り入れたからからって、ですべての問題が解決するわけではありません。
全く変化がないこともあり、ものすごく効くこともあります。

 

実はブロック注射は、とても痛みの伴う治療法です。
治療に用いられる方法の中には、交感神経が疼痛信号を送るのを遮断するものもあります。

 

一般にはブロック注射の適応可能となる病気は、帯状疱疹や胸推神経の障害があるときです。

 

原因を突き止めて、手首にも神経ブロック注射をすると改善されるかどうかですが、場合によっては症状の改善が見られないこともあるので過度の期待を持たないほうがいいでしょう。

 

直接、心臓など重要な器官に注射するわけではなく、静脈への注射や血圧を測ったり、血液量の酸素量を知るための動脈注射をします。
肘や脊髄などの関節内に注射することもあり、筋肉などの痛みのある場合に行う局所注射や、神経に直接注射することもあります。

 

ですから、腱鞘内にする注射し、できるだけ痛みの少ない注射を心がけているようです。

 

ブロック注射について、よく医師と相談し、少しでも改善する見込みがあるのならば検討してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク