グルコサミンとコンドロイチンは腱鞘炎に有効?

MENU

グルコサミンとコンドロイチンは腱鞘炎に有効?

腱鞘炎は、腱とその周囲の腱鞘に起きる炎症のことですが、いくつかの対処法がありますよね?
一般的には、多くの方が行われているのは腕のマッサージやサプリメント、サポーター装着ではないでしょうか?

 

テレビコマーシャルでも流れている、”グルコサミン”と”コンドロイチン”というサプリを見たことがあると思います。
これらはよく膝が痛い時に飲むと、膝痛が緩和されるようです。

 

腱鞘炎でも、このグルコサミンやコンドロイチンといったサプリメントで対処することは可能でしょうか?

 

スポンサーリンク

 

腱鞘炎でも有効?

肌を保湿性を保つ役割を持つコンドロイチンと、皮膚形成に欠かせないグルコサミンがあります。
この2つを一緒に摂取すると。非常に効果的と言われています。

 

これらの成分はコラーゲンと同様、年齢とともに少なくなっていくのが特徴です。
ですから十分に体に取り入れるのにサプリメントを使うのが主流になっています。

 

ココで腱鞘炎に効くかどうかは今のところゼロではありませんし、一般に医者が処方する方法でもないので現代病対処法の一つとしていろいろ協議してまいります。

 

ストレスも腱鞘炎の原因になることがあるようです。
肉体労働をしたり、ペンで物を書くことや、キーボードをタイピングすることなど、一定の細かい動きをいているとこの病気にかかってしまいます。

 

ストレスを感じないで生活をするというのは非常に難しいといえます。
労働が腱鞘炎の原因になっているということがあります。

 

これらは腱鞘炎の治し方と予防において、これらの成分は果たして効果的なサプリメントと言えるのでしょうか?
確かに腱鞘炎に絶対的な効果を及ぼすサプリメントはないといえますが、サプリメントで有効性が見いだせません。

 

関節の内部に有効な成分なら、サプリメントで補えるのかもしれませんが、腱鞘炎は関節の外側に対して発生する症状ですから、腱鞘炎は関節の中でも効果的な場所でなないということです。

 

サプリはあくまでもサプリで、薬ではありません。
万能薬ではありませんから、過剰な期待を持たなほうがいいでしょう。

スポンサーリンク