抱っこ腱鞘炎にならない抱っこの仕方とは?

MENU

抱っこ腱鞘炎にならない抱っこの仕方とは?

抱っこ腱鞘炎にならない抱っこの仕方とは?

赤ちゃんが生まれたお母さんと言うのは長い時間赤ちゃんを抱っこしてると思います。しかし、抱っこしている時間が長くなってしまうと、抱っこ腱鞘炎になってしまうことがあります。

 

ここでは、抱っこ紐腱鞘炎と上手な抱っこの仕方について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

抱っこ腱鞘炎は実に厄介!

生まれたばかりの赤ちゃんというのは小さいので、どうしてもお母さんが腕を全体的に使って抱っこするというよりも手首に力を入れて抱っこしてることのほうが多いと思います。

 

そのため、これが抱っこ腱鞘炎の原因となってしまう訳ですが、抱っこ腱鞘炎になってしまうと赤ちゃんを抱っこしてあげることができなくなってしまいます。

 

一度抱っこ腱鞘炎になってしまうと外出したりする時にも困ることになりますし、早い段階から赤ちゃんを抱っこする時には自分の手首だけに負担がかからないように気をつけたいものです。

 

赤ちゃんを抱っこして外出したり寝かしつけたりする時間だけではなく、お風呂に入れたり家事だって行わなくてはなりません。
しかし抱っこ腱鞘炎になってしまうと、赤ちゃんをお風呂に入れるだけでも大変ですし、困ることが本当にたくさんありますよね?

 

 

抱っこ腱鞘炎にならない抱っこの仕方

抱っこ腱鞘炎にならない抱っこの仕方とは?

赤ちゃんの身を守ることは大切ですが、ママの身も大切です。

抱っこ腱鞘炎にならないように工夫が必要なわけですが、抱っこ腱鞘炎を予防するためには無理をして自分の腕だけで抱っこするのではなく便利なアイテムを使うことをオススメします。

 

それは、抱っこ紐

 

最近では抱っこ紐にもたくさんの種類が増え、ママの肩が痛くならないように工夫されているものなどもありますから、抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしてあげると良いでしょう。

 

 

どんな抱っこ紐がいいの?

抱っこ紐は抱っこ腱鞘炎にならないように早い段階から便利で使えるアイテムだと思います。

 

いつから使える?

新生児から使えるタイプもあり、さらに首が据わったらるので、腱鞘炎になりやすいママとしては嬉しいですね。
月齢では3歳、体重15kgまで利用可能な抱っこ紐があります。

 

歩けるようになっても、子供が眠くなってしまった時に抱っこ紐が便利です。
ただ体重が増えると、肩や腰への負担が大きくるので、ベビーカーも一緒に上手に使い分けるといいですね。

 

抱っこ紐はこんな時に便利!

赤ちゃんと散歩や電車の移動、買い物など、移動時のさまざまな場面で活躍できます。
しかも両手が使えるので、家事の最中でもできることが最大のメリットともいえます。

 

楽天市場での抱っこ紐ランキング
1位 2位 3位

【新ロゴ】365日あす楽★代引・送料無料★エルゴ 抱っこ紐 ベビーキャリア オリジナル【1年保証】 エルゴベビー ERGO babyORIGINAL スタンダード Standard 子守帯 抱っこひも だっこひも 【あす楽対応】【HLS_DU】【RCP】

9080円

napnap ベビーキャリー★送料無料★週末ポイント10倍★【メーカー直販】【だっこひも 抱っこ紐 ベビーキャリー おんぶひも メッシュ 抱っこひも ベビー 赤ちゃん 通気性 軽量 コンパクト だっこひも 抱っこ紐 ナップナップ だっこひも 抱っこひも【RCP】0824楽天カード分割

9050円

★ 送料無料 ★ ベビービョルン 抱っこひも ベビーキャリア オリジナル コットン 抱っこ紐 【RCP】

7344円

 

どれがいいのかは迷う場合、楽天市場などランキングを参照にするといいでしょう。
エルゴさんはどのランキングでも表示されるほど、圧倒的に人気があることが分かります。
ちなみにエルゴのメーカーは肩ベルトがしっかりしているので肩への負担が小さく楽です。

 

使用用途やママの体格など考慮し、自分に合った抱っこ紐を見つかるといいですね。