腱鞘炎は、肩こりが原因だった?

MENU

腱鞘炎は、実は肩こりが原因だった?

腱鞘炎は、実は肩こりが原因だった?

腱鞘炎に悩まされてしまっている人が多く、長い時間腕を使い過ぎてしまっていると、患ってしまうことがあると思います。

 

確かに腱鞘炎というのは手首や指を酷使してしまうことによって発症することが多いのですが、この他にも、もう一つ腱鞘炎の原因があります。
腱鞘炎の症状が出てしまう原因の一つに、肩こりがあります。

 

普段から肩こりになりやすい人は肩から腕にかけての血行が悪くなっているので、その状態のまま腕を使ってしまったりすると腱鞘炎になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

全ての腱鞘炎が肩こりから起きると言うわけではありませんが、常に肩こりを感じていたりする人の場合は、腱鞘炎になってしまう可能性があるということを忘れないでくださいね。

 

私たちの体の筋肉という組織は、全身的につながっているものですから、常に肩こりに悩まされている人の場合は腕を使って作業する際には気をつけなければなりません。

 

特に肘を上げて作業することが多い、手首を細かく動かさないことが多いとしたら、結果的に、肩こりからそのまま腱鞘炎が発症してしまいます。

 

自分では手首などを駆使したわけではないのに腱鞘炎になってしまった場合は、ひどい肩こりに悩まされていたのではないでしょうか?

 

腱鞘炎の予防をするために普段から肩のマッサージをしたり、血行を促進しておくような努力をしておく必要があると思います。
ツボを刺激したり、簡単なマッサージでも肩こりを改善させることができますから、自分でできるだけ肩こりを軽減させてあげましょうね。

 

そうすれば血液の流れが良くなりますので、腱鞘炎になってしまうことを可能な限り防げると思います。

 

スポンサーリンク