腱鞘炎の原因

MENU

腱鞘炎の原因は?

同じ動作を毎日行っていたりする人は、腱鞘炎になってしまうことがあります。
腱鞘炎が原因というのは、同じ筋肉を使い過ぎてしまうことが1番大きくなっているのですが、自分でも驚いてしまうほど痛みが強いですし、なおかつ力が入らなくなってしまいます。

 

具体的な腱鞘炎の原因というと、例えば調理師が包丁を長時間、毎日握っていたりすることによって、腕が腱鞘炎になってしまうことがありますし、内職でボールペンやシャープペンシルなどを作っている人が捻じるという動作によって腱鞘炎になってしまうことがあります。

 

スポンサーリンク

 

この他にも赤ちゃんを長時間抱っこしていたりすると腱鞘炎になってしまうこともあります。

 

また腱鞘炎っていうのは腕だけではなく、足でも患ってしまうことがあるんですね。
足の場合でも、同じように使いすぎてしまうことが原因となっています。

 

例えば、うどんを作る人が足を使ってうどんを踏んだりすることありますが、毎日、足にとても強い力がかかっていますので腱鞘炎の原因になります。

 

最近では、パソコンを長時間使うことによって腱鞘炎になってしまうという人も増えていて、一度腱鞘炎になってしまうと症状が治まるまでとても長い時間がかかってしまうので困ることがあります。

 

腱鞘炎というのは、自分では気がつかないうちに患ってしまうものですから、突然症状が現れてきます。

 

ですから、腱鞘炎にならないように日頃から気をつけておく必要があると思います。

 

毎日同じような動作を行っているという人は、腱鞘炎になってしまう可能性が高いですから気をつけるようにしてください。

 

スポンサーリンク