腱鞘炎へのアイシング方法

MENU

腱鞘炎へのアイシング方法

腱鞘炎へのアイシング方法

腱鞘炎というのは症状が出てしまった時には、とても強い痛みに襲われてしまいます。
この痛みは患部が炎症を起こしてしまっている状態なので、アイシングを行ってあげると良いです。

 

どうしても仕事をしなければならないというような場合、患部を使わないようにするというのは難しいと思います。

 

スポンサーリンク

 

少しでもアイシングを行うことで腱鞘炎の症状を軽減させることができます。
アイシングというのは基本的に炎症を起こして痛みが強い場合、とても効果的です。

 

休憩時間にアイシングを行ってあげるというのもよい方法ですし、仕事をしている間にも、アイシングができるような状態であればしてあげたほうが良いと思います。
アイシングをする時には、氷を入れた袋などを直接患部に当ててしまうのではなく、一度タオルで包んでから患部に当てるようにしましょう。

 

あまりにも冷えすぎてしまうと感覚がなくなってしまったり、痛みが強くなってしまうことがあります。
冷たいと感じるよりも気持ちが良いと感じる程度のアイシングが1番ベストですね。

 

アイシングをしていると、動かしにくくなってしまいますので苦手だという人もいると思いますが、しっかりとアイシングをしてあげなければ腱鞘炎の症状というのはよくなりません。

 

まずは、しっかりと冷やしてあげることによって症状がひどくなってしまうことを防げます。

 

腱鞘炎はただでさえ長引いてしまう症状ですから、アイシングを行って酷くならないようにしてあげてください。

 

アイシングをして、ある程度痛みが引いてきたら、今度はサポーターなどを使用してなるべく患部を動かさないようにしてあげると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

腱鞘炎へのアイシング方法関連ページ

ツボで和らげる方法
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
冷湿布?温湿布?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
テーピング方法
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
間違ったマッサージが悪化に?
腱鞘炎で痛みがひどいと、自分でマッサージをしませんか?間違った方法だと腱鞘炎が悪化してしまうので注意が必要です。当ページでは、マッサージ方法について説明しています。
ステロイド注射でも再発に?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
塗り薬とはどんな?
腱鞘炎の痛みを緩和するのに、どんな塗り薬がいいのでしょうか?ここでは、塗り薬を選ぶ際のポイントを説明しています。
ブロック注射で腱鞘炎の症状が改善?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
グルコサミンとコンドロイチンは腱鞘炎に有効?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
ビタミンは腱鞘炎を治すのに有効?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。