手首が痛い時のテーピング方法

MENU

手首が痛い時のテーピング方法

手首が痛くなると、どんなことをするにも困ると思います。
ですから、しっかり手首を固定するためにテーピングを巻きたいと思っている人もいると思いますが、手首が痛い時のテーピングの正しい巻き方を知らなければ逆効果になってしまうことがあります。

 

テーピングというのは伸縮性のある物とない物がありますが、しっかりと手首が動かないように固定するためには伸縮性のないものをオススメします。

 

手首が痛いと一言で言っても原因としては、様々なものが考えられます。

 

スポンサーリンク

 

しっかりとした原因を追求して知っておくことが大切です。
また、正しいテーピングの方法を知っておかなければ、独断でテープを巻いてしまえば症状が悪化してしまい治らなくなってしまうことがあります。

 

ですから、まずテーピングをしたいと思っているのであれば、お医者様で正しいテーピングの方法を聞いたほうが良いと思います。
その方がより確実で予防対策になりますから。

 

その上で、自分でもテーピングを巻くようにしていきましょう。

 

手首が痛いからといって、手首にグルグルとテーピングを巻いたりすれば良いというわけではなく、痛みの原因や痛い部分に合わせてしっかりとテーピングを行わなければなりません。

 

素人が勝手にテーピングを行ってしまうと、しっかりとした効果を感じることができないし、何度も言うように症状が悪化してしまう可能性があります。

 

テーピングというのは、正しい巻き方をすれば本当に効果を発揮してくれるものです。独断で巻いてしまうのは良くありません。
正しいテーピングの方法を知るために、まずはお医者様にしっかりと聞くようにしてくださいね。

 

手首の太さや痛みの程度によって、テーピングの太さも変わってきますので、その点もお医者様から教えてくれます。

 

スポンサーリンク

手首が痛い時のテーピング方法関連ページ

ツボで和らげる方法
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
アイシング方法
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
冷湿布?温湿布?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
間違ったマッサージが悪化に?
腱鞘炎で痛みがひどいと、自分でマッサージをしませんか?間違った方法だと腱鞘炎が悪化してしまうので注意が必要です。当ページでは、マッサージ方法について説明しています。
ステロイド注射でも再発に?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
塗り薬とはどんな?
腱鞘炎の痛みを緩和するのに、どんな塗り薬がいいのでしょうか?ここでは、塗り薬を選ぶ際のポイントを説明しています。
ブロック注射で腱鞘炎の症状が改善?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
グルコサミンとコンドロイチンは腱鞘炎に有効?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
ビタミンは腱鞘炎を治すのに有効?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。