間違ったマッサージで腱鞘炎が悪化に?

MENU

間違ったマッサージで腱鞘炎が悪化に?

腱鞘炎,マッサージ

腱鞘炎になってしまい痛みがひどくなると、自分でマッサージをしてしまうという人がいると思います。
腱鞘炎はマッサージをすると良くなると思っている人が多いのですが、間違ったマッサージをしてしまうと腱鞘炎が悪化してしまいます。

 

腱鞘炎というのは一般的な肩こりなどとは違っていますので、独断でマッサージを行ってしまうことは避けるようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

マッサージの方向やマッサージの力の入れ方によっては腱鞘炎が悪化してしまい、さらに症状がひどくなってしまうということがあります。

 

そうなると患部が動かなくなってしまいますし、何もしていなくても痛みが強い状態になってしまいます。

 

腱鞘炎というのは痛みが長引くので、できるだけ早く治す為にマッサージをしてしまう言いたくなる気持ちはわかりますが、マッサージをするのであればきちんとした専門家にマッサージをしてもらうようにしてください。

 

間違ったマッサージを行って腱鞘炎をひどくしてしまうよりも、腱鞘炎に効果的なツボを刺激してあげたり、湿布をしてあげる方が効果的だと思います。

 

腱鞘炎の痛みはとてもストレスが溜まる痛みだと思いますが、本当に効果的な方法で改善させてあげなければどんどん長引いてしまいますから、ストレスもその分多くなってしまいます。

 

マッサージをする際にはどうしても痛みのある部分を我慢しながらマッサージしてしまうようなことがあり、さらに炎症がひどくなりますから間違ったマッサージをしてしまうかもしれないと不安な人は自分では行わないでくださいね。

 

きちんと正しいマッサージをしてあげることで、腱鞘炎を早く治してあげることができます。

 

スポンサーリンク

間違ったマッサージで腱鞘炎が悪化に?関連ページ

ツボで和らげる方法
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
アイシング方法
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
冷湿布?温湿布?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
テーピング方法
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
ステロイド注射でも再発に?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
塗り薬とはどんな?
腱鞘炎の痛みを緩和するのに、どんな塗り薬がいいのでしょうか?ここでは、塗り薬を選ぶ際のポイントを説明しています。
ブロック注射で腱鞘炎の症状が改善?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
グルコサミンとコンドロイチンは腱鞘炎に有効?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
ビタミンは腱鞘炎を治すのに有効?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。