湿布を使うなら冷湿布?温湿布?

MENU

湿布を使うなら冷湿布?温湿布?

腱鞘炎になってしまって患部がとても痛いので、湿布を使うという人がいると思います。
湿布を使う際には、腱鞘炎の症状に合わせて使い分ける必要があります。

 

湿布には温湿布冷湿布がありますが、腱鞘炎の痛みがひどく出ている時には炎症が起きてますので、冷湿布を使って患部を冷やしたりすることが必要になります。
冷やして痛みが少し緩和されてきたら、今度は血行を促進するように温湿布に切り替えていきましょう。

 

炎症がある時には、冷湿布を。

 

痛みが緩和してきたら、温湿布を。

 

冷湿布と温湿布を上手に使い分けることによって、腱鞘炎の症状を早く解決することができますし、腱鞘炎の予防にも繋がっていくと思います。

 

スポンサーリンク

 

一度でも腱鞘炎になったことがある人は、再び腱鞘炎になってしまいそうなタイミングがわかると思いますので、自分の中で危ないと思ったら温湿布をして血行の促進をしてあげると腱鞘炎の予防につながると思います。

 

冷湿布というのは、基本的に患部が炎症を起こしていて痛みが強い時に使ってあげるものになります。

 

普段から冷湿布を使ってしまうと反対に血行が悪くなってしまい、腱鞘炎に繋がってしまうことがあるので注意してくださいね。

 

冷湿布をいつまでも使わないように注意が必要です。

 

冷湿布と温湿布の使い方をしっかりと知っておかないと、間違った方法で腱鞘炎をひどくしてしまうことがあります。

 

腱鞘炎の症状が出始めた頃というのは炎症がピークに達していますので、冷湿布を使うようにしてください。

 

温湿布というのは、痛みが出ていない状態でも使うことができます。
いつでも温湿布として血行を促進してあげていれば腱鞘炎になってしまう確率も低くなると思います。

 

 

スポンサーリンク

湿布を使うなら冷湿布?温湿布?関連ページ

ツボで和らげる方法
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
アイシング方法
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
テーピング方法
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
間違ったマッサージが悪化に?
腱鞘炎で痛みがひどいと、自分でマッサージをしませんか?間違った方法だと腱鞘炎が悪化してしまうので注意が必要です。当ページでは、マッサージ方法について説明しています。
ステロイド注射でも再発に?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
塗り薬とはどんな?
腱鞘炎の痛みを緩和するのに、どんな塗り薬がいいのでしょうか?ここでは、塗り薬を選ぶ際のポイントを説明しています。
ブロック注射で腱鞘炎の症状が改善?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
グルコサミンとコンドロイチンは腱鞘炎に有効?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。
ビタミンは腱鞘炎を治すのに有効?
ばね指や手首の腱鞘炎の予防や治し方にはサポーターやテーピング、ツボ、湿布、マッサージなどとありますが、その前に原因や症状を確認しましょう。 当サイトでは、初心者でもできる予防対策を紹介しています。